Just another WordPress site

ユニットバスリフォーム手順

  • HOME »
  • ユニットバスリフォーム手順

1.ユニットバスの発注

商品を発注するとご希望の商品が今のお風呂場の中に収まるかどうかメーカーの現場確認の担当が日程を連絡後訪問いたします。それまでは 仮発注となります。

2.既存のお風呂の撤去

※ユニットバスは既存のお風呂場の中に組み立てます。今のお風呂場の入り口からユニットバスを  部品で入れて中で組み立てますので、その前に今のお風呂場の壁以外を壊して地面又は基礎の見える状態にします。

※お風呂場の入り口の小さい時や、ユニットバスの取付寸法が不足している時は入り口や浴室内のタイルを壊してもらうことがあります。

3.メーカーからの事前確認が入ります。

設置・組立費込みでご購入の場合になります

※この段階で、メーカーの方がユニットバスにあわせた給水、電気の設備の位置、ガスの配管の位置を打ち合わ

せいたしますので、工務店の立会いが必要になります。(現場に指定の位置を墨だししていきます。)

4.指定された場所に合わせて、水道、電気、ガスの工事をしてユニットバス組立後の接続の準備をします。 その際に一般的にコンクリートの土間をうって置きます。

※ユニットバスは大変重たいので沈み込みをふせぐ為と脱衣所との高さを合わせるためにも土間うちをお勧めします。

5.現場調査が終わると問題が無ければ、この時点で正式発注となります。 メーカーでお客様のユニットバスの生産が始まります。

※何か不備の点のあった場合は、この時点で変更および内容の打ち合わせが必要となります。

6.その後10日ほどで、納品となります。

7.納品の日にメーカーからの組立指定工事店が組立をします。

8.組立後1日を置いて、水道、ガス、電気の工事を行ってユニットバスとつないでいただきます。

※ユニットバスを組み立てる際、コーキングを使って隙間処理をしますので 乾くまで、1日はそのままにしておかなければなりません。 (基本的に隙間はございませんが念のための処理となります。)

9.大工さんにユニットバス設置後の入り口の壁の補修およびユニットバスのドア枠を入れる工事をしてもらいます。

■これでお風呂の使用が可能になります■

★おすすめ★

お風呂に入れないご不便をなるべく短くするためには発注の早めにして、既存のお風呂の撤去の日の翌日に 現場調査を手配できるようにすると良いと思います。

確実にお客様のご予定に合わせるためには、 発注を既存のお風呂の撤去の2週間ほど前にして、現場調査の日程を指定するのが良いかと思います。

東京・埼玉でシステムキッチン・ユニットバスの設備は「ホットコーポレーション」 TEL 080-3344-0648 平日 AM10:00~PM5:00

PAGETOP
Copyright © ホットコーポレーション All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.